まあるい旬生酵素 違い

まあるい旬生酵素と他の酵素との違いは?

酵素はカラダにいいものですから食べ物などで積極的に摂取する方もいますが、効率的に摂取するのならサプリメントがやはりおすすめですね。

 

ところで、酵素サプリメントとしてまあるい旬生酵素が人気ですが、ほかの酵素を摂取できる商品と比較してどうして選ばれているのでしょうか。

 

まあるい旬生酵素が他の酵素商品と違うのは丸剤タイプで練りこまれて製造されているサプリメントであるところが大きいです。

 

練りこまれて製造しているのは生酵素を摂取することができるのがポイントなのですが、ほかの製造方法ではこのようにいきません。

 

例えば、カプセルや錠剤タイプは製造する際に高温加熱をする必要がありますし、ドリンクタイプも食品衛生法で65℃以上の加熱殺菌が義務付けられています。

 

また、粉末タイプも植物発酵エキスを粉末化するときに高温加熱している場合が多いです。

 

酵素というのは48℃以上になると破壊されてしまうので、カプセルやドリンクで効果的に摂取するのは難しかったりするのですね。

まあるい旬生酵素 違い

 

けれども、まあるい旬生酵素は48℃以上に加熱しないで練りこんで製造されているので酵素が失われることがないのです。

 

だから高い効果を実感することができ、ほかの酵素サプリメントや酵素ドリンクよりも人気があるのですね。

 

また、酵素サプリメントの主原料となる植物ハッコウエキスは1〜3年という長い年月をかけて製造するので、決して安価なものではありません。

 

なので、実際にカプセルやドリンクの中にはわずかしか配合されていないので、ほかの成分を多く入れている商品も存在しているのですね。

 

 

まあるい旬生酵素は生酵素を配合しているため酵素の配合量が他のものと比べて群を抜いて高いという特徴があります。

 

業界トップクラスの310種類の野菜や果物を使用しているところもあり、妥協がない納得の生酵素サプリメントがまあるい旬生酵素なので、ほかの酵素サプリでは思ったような効果を実感できなかったという方でもまあるい旬生酵素なら効果を実感できるかもしれません。

 

丸剤タイプとなっているので、錠剤と比較すると少し大きさはありますが、それでも飲みにくさはありませんし、1日2粒でいいので負担になることはないでしょう。

 

旬の植物エキスを使っていて年ごとに少しずつリニューアルしているのも時代に合わせた製造をしていると思いますし、どうして人気があるのかを客観的に見てもわかりますね。

 

もちろん実際に試してみたらその理由がもっとよくわかるはずですよ。